周辺イベントのご案内=「第69回正倉院展」・・・大阪上本町にあるホテルのブログ

スタッフブログ

周辺イベントのご案内=「第69回正倉院展」・・・大阪上本町にあるホテルのブログ

Posted:2017/10/24

大阪上本町にある大阪国際交流センターホテルの西川です

関西も秋本番となりました。

日々涼しくなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

朝夕冷え込んで参りますので、お身体に十分ご自愛ください。

本日は、秋の恒例の「イベント・スポット」をちょいワルおやじがご案内させて頂きます。

 

「第69回正倉院展」

古都・奈良の秋を彩る正倉院展は、今年第69回を迎えます。今年は北倉10件、中倉25件、南倉20件、聖語蔵3件の、合わせて58件の宝物が出陳されます。そのうち伎楽面 迦楼羅など初出陳を含むものは10件を数えます。
聖武天皇のお側近くを飾ったとされる羊木臈纈屛風(ひつじきろうけちのびょうぶ)は、樹下に巻角の羊を表したペルシャ風の意匠が印象的ですが、地方から税として納められた絹が地裂に使用されており、奈良時代の西方文化の受容を示す好例としてよく知られています。
また、アッシリアに源流を持つ楽器・箜篌(くこ)の貴重な遺例である漆槽箜篌(うるしそうのくこ)、インド発祥の空想上の鳥・迦陵頻伽(かりょうびんが)があしらわれた最勝王経帙(さいしょうおうきょうのちつ)、ペルシャ起源の器を中国で写したと考えられる緑瑠璃十二曲長坏(みどりるりのじゅうにきょくちょうはい)やわが国での製作と考えられる金銅八曲長坏(こんどうのはっきょくちょうはい)、異国情緒溢れる金銅水瓶(こんどうのすいびょう)などの宝物からは、世界各地に源流を持つ文化が結集し花開いた、国際色豊かな天平文化がうかがわれます。
このほか厳かに飾られた捧げ物を入れる箱や仏具、貴顕が身に着けた刀子(とうす)や腰飾りなどの美しい装飾品からは、当時の人々の真摯な祈りや美意識が伝わって参ります。

 

開催期間: 2017/10/28(土)~11/13(月) 
会期中無休 
開催時間: 午前9時~午後6 
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10/282911/345101112)は午後8時まで 
※入館は閉館の30分前まで 
会場: 奈良国立博物館 東新館・西新館 

料金(税込): 【前売券】 親子ペア鑑賞券 1,100 

一般 1,000 / 大学生・高校生 600 / 小学生・中学生 300

URLhttp://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/shosoin/2017shosoin_index.html 

アクセス:当ホテルからは、近鉄電車「大阪上本町駅」乗車、「奈良」駅下車。徒歩約15分。

※当ホテルからの所要時間は、約50分です。

 

どうぞご宿泊の際は、是非お出かけ下さい。

 

宿泊プラン一覧はこちらです。

最近、お得な会員サービス始めました! ご登録はこちら♪

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

大阪国際交流センターホテルでのご宿泊をどうぞ観光、ビジネスの拠点にご利用下さいませ。

               

大阪上本町にある大阪国際交流センターホテル 西川

大阪市天王寺区上本町8-2-6

T E L : 06-6773-8181

MAIL : front@ihho.jp

U R L : http://ihho.jp